1. ホーム
  2. ファクト集
  3. 野菜の目標量を満たしていない日本人

FACT BOOK

知っておきたい日本人の食生活

野菜の目標量を満たしていない日本人

  • 1人1年当たりの野菜消費量(㎏/年・人)は、昭和60年と比べて平成22年では約2割減少しています。
  • 平成22年国民健康・栄養調査によると、日本人の1日の野菜摂取量の平均全世代は、268.1gです。60歳代がもっとも多く野菜を摂取していますが、成人の野菜摂取目標量の350gに対して20〜40歳代では約7割しかとれていません。
  • 野菜摂取の目標量である5皿以上を食べている成人は、約3割です。男女別でみると、男性は31.3%、女性は28.1%となっています。
  • 日本人の1日当たりの野菜供給量は約291gで世界平均を上回っていますが、近隣の中国、韓国と比較すると、1/2以下の供給量です。

1 野菜の供給純食料の推移(1人1年当たり[消費量kg/年・人])

出典:農林水産省「食糧需給表(平成22年度)」から作成

※供給純食料とは、最終消費された食料重量から通常の食習慣において廃棄される部分(魚の場合は骨や頭、果実の場合は皮や芯などのこと)を差し引いた可食部分のこと。ただし、ここには家庭での食べ残しや手つかずで廃棄された食料等の可食量も含まれており、必ずしも国民によって実際に摂取された食料の量ではない。

2 野菜の世代別摂取量の平均値(1人1日当たり)

現在の日本人は、低脂肪・高食物繊維食である野菜・果物の摂取量が不十分、むしろ減少傾向にあります。 厚生労働省「平成22年 国民健康・栄養調査」によると、日本人の1日の野菜摂取目標量にはどの年代も達していません。


厚生労働省「平成22年国民健康・栄養調査結果の概要」

野菜は20歳以上でも平均281.7gしかとれていないんですね!
特に20~40代の野菜摂取量は目標値350gの7割程度。
偏った食生活の健康への影響が心配されます。

3 野菜の摂取状況(20歳以上)

1日に野菜を5皿以上食べている人は、男性が31.3%、女性が28.1%とおよそ3割。また3~4皿以上摂取している人は、男性が32.2%、女性が31.9%とおよそ3割です。
およそ3割の人が1日に野菜を1~2皿程度しか摂取できていません。

厚生労働省「平成22年国民健康・栄養調査結果の概要」

4 1日1人当たり野菜供給量の国際比較(2007年)

日本人1人当たりの野菜供給量は290.91gとなっており、世界177カ国の平均約225gを上回っています。欧米諸国と比較すると、イタリア・アメリカなどの国より下回っています。アジア諸国では、中国は766.83g、韓国は584.63gと高い数値です。

出典:FAOSTAT「Food supply quantity(g/capita/day)」vegetables+(total)から作成