5ADAY 野菜・果物で、毎日げんきに

一般社団法人 ファイブ・ア・デイ協会

お電話でのお問い合せ 03-6402-3830 平日9:30-17:30

5 A DAY の食育活動

  1. ホーム >
  2. 5 A DAY の食育活動 >
  3. 園児向けプログラム 5 A DAYたべるのおはなし教室

園児向けプログラム 5 A DAYたべるのおはなし教室

園児向けプログラムとは?

子どもたちの健やかな成長には、健全な食生活が欠かせないものです。しかし近年、偏食や朝食欠食といった食生活の乱れ、肥満や痩せすぎ傾向などが見受けられ、正しい食に関する知識と望ましい食習慣を身につけることが急がれています。
「5 A DAYたべるのおはなし教室」は、幼稚園・保育園児を対象とした体験型食育プログラムです。地域のスーパーマーケット等を食育の場として、野菜や果物に直に触れながら興味や関心を高め、子どもたちが進んで食べようとする気持ちを育てることを目的としています。園での食育に関する指導計画、保育計画に、ぜひ当プログラムをご活用ください。

実際の様子がご覧いただけます。

プログラム内容

園児のための食育プログラム「5 A DAYたべるのおはなし教室」は、園の近くにあるスーパーマーケットを会場として活用し、多様な体験が一度にできるプログラムです。専門の食育インストラクターが季節の野菜・果物を活きた教材として、園児に食べることの意味や大切さをわかりやすく教えます。またゲームやクイズなどいっしょに楽しめる要素を取り入れ、トータルで1時間半から2時間の園児を飽きさせないプログラム構成になっています。

タイムテーブル例

どうぶつ村は今日も大さわぎ!?食育アニメーション「たべるのおはなし」鑑賞

子どもたちの身近な食生活の問題をテーマとして取り上げたアニメーションで、正しい食生活の基本を楽しみながら学びます。


食べ物にはどんな仲間があるのかな?「三色食品群」の説明

食べ物がその働きによって赤・黄・緑の3つの食品群に分けられることなど、さまざまな食べ物の特徴を学習します。

みんなで売り場に行ってみよう!

実際のスーパーの野菜・果物売り場で、野菜を見ながら、どんな栄養があるのか、野菜のどの部分を食べているかなどを学習します。

野菜・果物を上手に買えるかな?お買いもの体験ゲーム

グループに分かれ、「中身と外側が同じ色の野菜は?」などの問題にしたがって決められた予算の中で野菜・果物のお買いものゲームをします。
また、ゲームの答えあわせでは、それぞれの野菜・果物の特徴も学習します。

好ききらいせずに食べよう!「食事のバランスガイド」の説明

給食や家庭の1食分を事例に挙げ、正しい配膳や器の位置を学び、バランスのよい献立構成を

1日にどのくらい野菜を食べたらいいのかな?「5 A DAY」の説明

普段食べている野菜料理・果物を思い出しながら、1日にどれだけ野菜と果物を食べたらよいかを
学びます。

今日、学んだことをふりかえってみよう!野菜・果物クイズ&ゲーム

最後にクイズやゲームを楽しみながら
野菜・果物の知識を復習します。

実施・実績

年々体験ツアーの参加者が増加しています。 食の重要性がますます叫ばれる社会背景、学校教育の補完的役割としてのニーズの継続、また、プログラム内で指導する「食事バランスガイド」の普及などの環境的要因や流通会員企業の貢献によって、体験ツアーの実施数、参加者数が増加しています。

参加児童数・実地回数の推移
ツアーに参加したみんなの声

これからは、どういうものをよく食べたらいいかなと考えて、好ききらいなく食べたいし、野菜を多く食べたいです。
(岐阜県・5年生)

野菜は栄養が多く、毎日5皿くらい食べた方がよいと初めて知りました。
(静岡県・5年生)

今まで私はサラダ(生野さい)がきらいでしたが、今日は食べられました。
(東京都・3年生)

実施までの流れ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの方はこちら

このページのトップへ